プレモン

商品説明

プレマリンのジェネリックであるプレモンは、古くからある代表的な卵胞ホルモン薬です。
また、同じ成分で製造され、同じ効果が期待できるプレマリンのジェネリック医薬品「エストロモン」も卵胞ホルモン薬として有名です。
プレモンは、有効成分「結合型エストロゲン」の働きにより女性ホルモンの卵胞ホルモンを補い、更年期障害に伴う
不快な症状を改善、とくにのぼせ、発汗などの血管運動神経症状に高く効果的です。

有効成分「結合型エストロゲン」は、健康面で期待される効果として体全体のバランスを整えるのに役立つといわれており、更年期障害による「頭が重い」「イライラする」「疲労感が取れない」「よく眠れない」などの予防としても効果が期待され、 女性用のサプリメントに含まれる主要成分の1つです。
古くからある代表的な卵胞ホルモン薬(エストロゲン薬)、体内で活性のエストラジオールに転換されて効果を発揮し、 女性ホルモン補充療法(HRT)として広く用いられています。

効果

卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、腟炎(老人、小児および非特異性)、機能性子宮出血

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法

結合型エストロゲンとして、通常成人1日0.625~1.25mg(0.625mg錠1~2錠、1.25錠0.5~1錠)を経口投与する。
機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625~3.75mg(0.625mg錠1~6錠、1.25錠0.5~3錠)を経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

注意事項

薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
室温で保管してください。
※ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

以下の方は本剤を服用しないでください

  • エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方、又はその既往歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)又はその既往歴のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  • 重篤な肝障害のある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方

副作用

ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加等)、帯下増加、不正出血、経血量の変化、乳房痛、乳房緊満感、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎、色素沈着、脱毛、頭痛、めまい、肝機能障害[AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等]、呼吸困難、血圧低下

発疹、蕁麻疹、血管浮腫の症状が発現した場合は、投与を中止し、医師の診察をお受けください。

血栓症あるいは血栓塞栓症(四肢、肺、心、脳、網膜等)などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

プレモン の購入ページはこちら

スポンサーリンク