ホルモン剤一覧

ホルモンを治療に用いるために製剤したものです。
甲状腺ホルモン剤、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)、男性ホルモン剤、卵胞ホルモン剤、黄体ホルモン剤などがあります。

カブゴリン

一般的なホルモンと違って下垂体で生産されるプロラクチン濃度は年齢とともに上昇するため、性欲が失われることになります。出産後にプロラクチンが放出されることで母乳の出がよくなりますが、女性の多くが出産後に性欲の低下を経験することから、性欲を抑制する働きがあると考えられています。男性の場合は射精直後にプロラクチンが放出されることが、セックス後の疲れと性欲減退につながるのではないかとされています。

クロメン

商品説明 当商品は抗女性ホルモン剤のクロミッドのジェネリック医薬品です。 エストロゲンレセプターと結びつきステロイドを使用の際に発生するエストロゲンをブロックします。 有効成分のクエン...

アンドリオール

アンドリオールは男性ホルモン剤です。 男性ホルモンであるテストステロンを含み、これまでのステロイドの欠点を補う画期的なステロイドとして開発され、他のステロイド商品に比べ安全性が高いとされています。 経口摂取した際に肝臓で分解されて活性を失い、肝機能を損ねるという欠点を解消したステロイドです。

プレマリン

商品説明 プレマリンは、ファイザー社が開発した女性ホルモン剤です。 女性ホルモンの結合型エストロゲンを含有しています。50歳を過ぎると女性ホルモンが低下し肌質や体型が変わり、更年...

プロビロン

商品説明 プロビロンは経口剤のアンドロゲン系のステロイドです。 男性化の効果は強いステロイドですが、筋量増加作用はほとんどありません。 医療現場ではアンドロゲン補充に使われることが多いようで...

マレフェMTF

商品説明 マレフェMTFは、経口黄体ホルモンのプロベラのジェネリック医薬品です。 プロベラと同一成分のメドロキシプロゲステロン酢酸エステルを配合していますので、ホルモンバランスの乱れから起こ...