プロペシア

商品説明

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、 現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。
日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売開始されております。
「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。
この成分は5α還元酵素阻害薬という分類のお薬で 同じ分類のお薬としてプロスカー(フィナステリド 5mg)の前立腺肥大のお薬がございます。
これらのお薬は、アメリカテキサス州~メキシコに自生するノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品です。
また、フィナステリドは最近までWADA(世界アンチ・ドーピング機関)により筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用があることからドーピング剤としてリストに入っていました。
しかし検査技術向上によりフィナステリドを使用していても筋肉増強剤などの検出が可能になったため2009年1月1日からは禁止薬剤のリストからは外れています。

※ENGLAND版、USA(PR)版、USA版、NZ版それぞれのプロペシアは成分、メーカは同じ。製造工場国が違います。

効果

フィナステリドは男性型脱毛症の原因の一つであるDHTの産生を抑制することで、抜け毛を防止します。
個人差はあるが、通常3ヵ月~6ヵ月の連日投与により効果が現れることが多い。

プロペシア

用法

プロペシアは通常、1日1回、フィナステリドとして0.2mg~1mg(上限は1日1mg)を服用します。

注意事項

男性成人のみ服用してください。(女性には効果が認められていません)
*フィナステリド製品は、女性が手で触ることも禁忌とされています。

妊娠中・授乳中の方、また妊娠している可能性のある方は絶対にフィナステリドを服用しないで下さい。
肝機能障害のある方がフィナステリドを服用する場合は、医師にご相談ください。

フィナステリドを服用中、及び服用中止後1ヶ月間は献血をしないで下さい。

副作用

肝機能障害、食欲不振の症状があらわれる可能性があります。
異常を感じた場合は、すぐに医師へ相談して下さい。

成分

プロペシア:Finasteride(フィナステリド) 1mg
ノキシジル5mg:Minoxidil(ミノキシジル) 5mg
ノキシジル10mg:Minoxidil(ミノキシジル) 10mg
ニナゾールシャンプー:Ketoconazole(ケトコナゾール) 2%

商品別名

プロペシア錠(MSD)

プロペシアの購入ページはこちら

スポンサーリンク