フォーゼスト

商品説明

フォーゼストはED治療薬で、薬効成分であるタダラフィルを20mg含有しています。
日本国内ではタダラフィル製剤として、シアリス錠が承認されています。

薬効成分のタダラフィルは、陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋を弛緩させることにより、海綿体への血液の流入量を増やして、満足な性交を行うに十分な勃起を促しそれを維持します。

タダラフィルは、勃起の維持に必要なcGMPを分解する酵素である、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)を特異的に阻害することで、陰茎海綿体血管平滑筋の弛緩機能を増強します。
血管平滑筋が弛緩された結果、血流が増加し、陰茎勃起を誘発および増強します。

本剤は食事の有無に関わらず服用していただけます。
また、有効性が36時間認められるという利点があります。

効果

勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法

通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に経口投与する。
10mg(0.5錠)の投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mg(1錠)に増量することができる。
軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mg(0.5錠)を超えないこと。
なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。
中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mg(0.25錠)から開始し、投与間隔は24時間以上とすること。
なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mg(0.5錠)を超えないこととし、10mg(0.5錠)を投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること。
重度の腎障害のある患者では5mg(0.25錠)を超えないこと。

注意事項

  • 本剤の服用中は、車の運転等、危険を伴う機械の操作は行わないでください
  • 必ず1日1回までの服用回数を守ってください
  • 次の服用は24時間以上間隔をあけて、医師に指示された以上の量を飲まないでください
  • 本剤は、催淫剤や性欲増進剤ではありませんので、性的刺激を受けなければ勃起することはありません
  • 本剤を服用後、勃起が4時間以上続く場合は、速やかに医師の診察をお受けください
  • 性行為は心臓に負担をかけるため、特に心臓や脳血管に持病のある方は健康状態について医師によく相談してください
  • 硝酸剤または一酸化窒素供与剤をお飲みの方は、本剤を服用しないでください
  • 本剤の服用中にグレープフルーツジュースは飲まないでください
  • 本剤の服用を始める時は、心血管系の検査をお受けください

以下の方は本剤を使用しないでください

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  2. 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
  3. 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の方
  4. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  5. 不安定狭心症のある方又は性交中に狭心症を発現したことのある方
  6. コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある方
  7. 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある方
  8. 脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  9. 重度の肝障害のある方
  10. 網膜色素変性症の方

副作用

血管拡張作用(頭痛、ほてり、血圧低下、どきどきする、意識を失う、胸が痛む)
視覚障害(眼の痛み、視覚異常、結膜炎、光が赤く見える、まぶしく見える、物が青く見える、眼に光が当たっていないにもかかわらず光を感じる、白目が赤くなる)
持続勃起(4時間以上勃起が続く)
などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

成分

タダラフィル 20mg

フォーゼストの購入ページはこちら

スポンサーリンク