ゼニカル

商品説明

ゼニカルは世界17ヶ国で利用されている経口内服型の肥満治療薬です。
この薬は1896年の設立から100年以上の歴史を持つ世界的な製薬企業「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社」により開発されました。

ゼニカルには食事に含まれる脂質の吸収を大幅に阻害する効果があり、ストレスを感じることなくカロリーセーブできます。
そして、重度肥満患者を対象とした膨大な治験結果から、体重管理薬としての効果の高さ・安全性ともに実証されており、日本では挫折しにくいダイエット法として注目されています。

食事に含まれる脂質の分解を担当する消化酵素であるリパーゼ酵素の働きを阻害する効果があります。
その効果により、身体に吸収される脂質の量が約30%もカットされ、吸収されなかった脂質は便と一緒に排出されます。

ゼニカルに含まれる成分のほとんどは便と一緒に排出されます。
僅かな量の成分は一時的に腎臓に残留しますが、服用後3~5日で99%以上が体外に排出されます。

もし、過去に食事量の制限や運動だけに頼ったダイエットに挫折した経験があるならば、試してみる価値は非常に高い薬といえます。

用法

通常、成人に対して、食直前、あるいは食事中、食後1時間以内に120mg(1錠)を1日3回、毎食時に服用します。

※上記は、英国での用法・用量です。
※本剤は、日本国内で適応がないため、服用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。

注意事項

飲み忘れに気付いた際は、食後1時間以内の場合に限り、思い出したときすぐに服用してください。
※2回分を一度に服用しないこと。

  • 体重の減量はほかの薬剤の服用量などに影響を与えます
  • 本剤の効果を最大限得るために、医師によって推奨された栄養プログラムを併行してください
  • 本剤は脂肪便・油性便を引き起こすことがあります
  • 脂肪含有食品を摂取した場合、脂肪便・油性便の頻度を増加させる可能性があります。また、脂肪分は3回の食事へ均等に分けて摂取してください
  • 経口避妊薬による避妊は本剤による重度の下痢のため失敗する可能性があります
  • 本剤の服用は慢性の腎疾患を患っている方の腎結石に影響を与えます

以下の方は本剤を服用しないでください

  • オルリスタット、あるいは本剤含有成分に過敏症の既往歴がある方
  • 慢性の吸収障害疾患を患っている方
  • 肝障害を患っている方
  • 授乳中の方

副作用

ゼニカル
頭痛、腹痛、腹部不快感、瀉下、腹部膨満感、油分吸収不全、油性便、脂肪便、水様便、低血糖などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

成分

オルリスタット(オーリスタット) 120mg

ゼニカルの購入ページはこちら

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク