ペンタサ

商品説明

腸の炎症をしずめるお薬で、潰瘍性大腸炎、クローン病の治療に用いられます。

炎症細胞から放出される活性酸素を消去し、ロイコトリエンの合成を抑制することにより、炎症の進展や組織の障害を抑制し、腹痛、血便などを改善します。
炎症を軽くすることにより、下痢や腹痛の症状も徐々に治まります。
軽症から中等症における寛解導入に用いるほか、長期の維持療法にも有効な薬剤です。

効果

おもな作用機序として、炎症性細胞から放出される活性酸素を消去することにより、炎症の進展と組織の障害を抑制するものと推察されています。
さらに、ロイコトリエンの生合成をおさえ、炎症性細胞の組織への浸潤を抑制する作用をあわせもつと考えられています。

用法

潰瘍性大腸炎:通常、1日主成分として1500mgを3回に分けて食後に服用します
クローン病:通常、1日主成分として1500~3000mgを3回に分けて食後に服用します

注意事項

便に白いものが混じることがありますが、コーティング剤のエチルセルロースですのでご安心ください。

副作用

下痢、下血・血便、腹痛、発疹、発熱、尿着色などが報告されています。

成分

メサラジン(Mesalazine)

商品別名

ペンタサ錠
メサラジン錠
アサコール錠

ペンタサの購入ページはコチラ

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク