コルペルミン

商品説明

海外ではすでに販売されている、過敏性腸症候群(IBS)治療薬です。
有効成分の、西洋ハーブのペパーミントオイルの働きが過敏性腸症候群(IBS)の症状を改善します。
 
『下痢型』、『便秘型』の両方の症状の治療に有効で、日本国内で現在1000万人以上いるとさえいわれている患者の治療が手軽になると、大きな期待をされ注目されている商品です。

有効成分である西洋ハーブのペパーミントオイルは、ヒトの体内で筋肉収縮に関わるカルシウムが細胞内に流入するのを防ぎ、強い腸管の収縮を抑える効果があるとされ、西洋では伝統的で安価な治療法とされてきており、今その治療法が見直されています。

効果

ペパーミントは現代医学が発達する前に、健腸・整腸など消化を助けるハーブとして広く使用されてきました。ペパーミントは筋肉の収縮を抑える働きがあり、腸の筋肉をリラックスすることで、過敏性腸症候群(IBS)による、下痢や便秘などの症状を改善します。

  • 腹痛や胃痛に効果がある
  • おならが出やすくなる
  • 消化を助ける
  • 偏頭痛に伴うむかつきを解消する
  • 不眠を解消する

ペパーミントオイルは胃で消化されずに小腸まで達っするので、過敏性大腸症候群への効果を引き出すには最適な場所となります。

コルペルミン新聞記事
コルペルミン新聞記事

用法

通常:1日3回 1カプセルを食前30~60分前に水で服用してください。
痛みや不快感が強い場合:1日3回 2カプセルを食前30~60分前に水で服用してください。
 
症状や疾患によって、服用方法・服用量は変わります、必ず医師または薬剤師にご相談下さい。
適量を超えた大量の摂取は副作用のリスクを高めます、用法・容量を守って摂取することが大事です。

注意事項

  1. 必ず食前にお水で服用して下さい
  2. 食後すぐには服用をしないようにして下さい
  3. 同時に消化不良治療薬の服用しないで下さい

成分

Peppermint Oil(ペパーミントオイル)187mg

コルペルミンの購入ページはこちら

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク