フェブリク

商品説明

フェブリクは体内で尿酸を作る酵素の働きを抑え、血液中の尿酸の量を低下させます。
通常、痛風や高尿酸血症の治療に用いられます。

フェブリクに含有されている有効成分のフェブキソスタットは、プリン体(核酸)から尿酸をつくる酵素であるキサンチンオキシダーゼを選択的に阻害することで、尿酸が作られるのを抑え、血液中の尿酸を減らします。
体のいろいろな場所(足指の関節、足首、ひざ、ひじ、手の関節など)に尿酸が結晶となってたまってくるのを抑制します。

効果

痛風、高尿酸血症
がん化学療法に伴う高尿酸血症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法

痛風、高尿酸血症
通常、成人にはフェブキソスタットとして1日10mg(1錠)より開始し、1日1回経口投与する。
その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。
維持量は通常1日1回40mg(4錠)で、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60mg(6錠)とする。

がん化学療法に伴う高尿酸血症
通常、成人にはフェブキソスタットとして60mg(6錠)を1日1回経口投与する。

注意事項

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。
ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと

  • 飲み始めたとき一時的に痛みが強くなることがあります
  • 本剤を飲んでいて痛風発作が起きた場合は勝手に薬の量を変えたり、中止したりしないで続けて服用してください
  • 心臓や腎臓が悪くなければ1日の尿量が2L程度となるよう水分を充分にとりましょう
  • 本剤は必要があれば何年も継続して服用しないといけないことがあります
  • 抗悪性腫瘍薬、免疫抑制薬をお飲みの方は必ず医師・薬剤師にご相談ください

以下の方は本剤を使用しないでください

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の方

副作用

肝機能検査値異常
関節痛

肝機能障害、過敏症などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

成分

フェブキソスタット 80mg

フェブリクの購入ページはこちら

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク