トリキュラー21

商品説明

トリキュラー21は避妊や生理痛の軽減を目的として用いられる経口避妊薬(低用量ピル)です。
バイエル社が製造販売しており、国内で処方されているピルのなかでも、最も多く利用されている低用量ピルです。
有効成分としてレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを含んでいます。

第2世代3相性(実薬のみの21錠タイプ)の低用量ピルで、自然な月経周期に似せた女性ホルモン配合がなされています。
定期的に服用することで妊娠を防ぎ、月経困難の改善にも用いられます。

効果

避妊
※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法

1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡褐色糖衣錠から開始する)21日間連続投与し、7日間休薬する。
以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す。

注意事項

飲み忘れに気付いた際は、それが1日以内の場合、思い出したときすぐに服用してください。
さらにその日の分も通常どおりに服用してください。
また、2日以上連続して飲み忘れた場合、今回の服用を中止して、次の月経を待って新しいシートで服用を再開してください。
※飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなりますので、その周期は他の避妊方法を用いてください。

本剤の服用中に、ふくらはぎの痛み・むくみ、突然息苦しくなる、胸痛、激しい頭痛、見えにくくなるなどの症状が現れた場合には、服用を中止して、すぐに医師へご相談ください。
本剤を長期に服用する場合には、6ヶ月ごとに検診をお受けください。
1日1錠を毎日一定の時刻に服用してください。初めて服用する場合は月経第1日目から服用し、服用開始日が第1日目から遅れた場合、飲み始めの1週間は他の避妊方法を併用してください。
本剤を飲み始めて1~2周期の間は軽い吐き気、乳房の張り、または生理以外の出血が現れることがあります。通常は服用中になくなりますが、症状がひどい場合、あるいはおかしいと思った場合は医師へご相談ください。
本剤の服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合、薬の吸収が悪くなり妊娠する可能性が高くなりますので、他の避妊方法を併用して、その旨を医師へご相談ください。
飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなりますので、指示どおりに服用してください。
経口避妊薬はHIV感染(エイズ)および他の性感染症を防止するものではありません。
妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方は、本剤を服用しないでください。
服用中に2周期連続して生理が来なかったときは、妊娠の可能性がありますので必ず医師へご相談ください。
妊娠を希望する場合は、医師へご相談ください。
本剤の服用中は、禁煙してください。(特に35歳以上で1日15本以上の喫煙者)
本剤の服用中に、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む食品は摂らないでください。

以下の方は本剤を服用しないでください

  • 本剤の成分に対し過敏性素因のある女性
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)、子宮頸癌及びその疑いのある方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患又はその既往歴のある方
  • 35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  • 前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛の方
  • 肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症の方、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の方
  • 血管病変を伴う糖尿病を患っている方(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症等)
  • 血栓性素因のある女性
  • 抗リン脂質抗体症候群の方
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内及び長期間安静状態の方
  • 重篤な肝障害のある方
  • 肝腫瘍のある方
  • 脂質代謝異常のある方
  • 高血圧のある方(軽度の高血圧の方を除く)
  • 耳硬化症の方
  • 妊娠中に黄疸、持続性そう痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  • 授乳婦
  • 骨成長が終了していない可能性がある女性
  • オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤を投与中の方

副作用

悪心、血栓症などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

トリキュラー21の購入ページはこちら

スポンサーリンク