ストラテラ

商品説明

ピル形状(カプセル)のADHD(注意欠陥、多動性障害)治療薬です。
大脳や脳幹といった中枢神経にはたらきかけて、精神活動を活発にしたり神経を覚醒(かくせい)させる作用をもつ薬です。

ストラテラの有効成分であるアトモキセチンは、選択的にノルアドレナリントランスポーターに結合します。神経伝達物質であるノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、シナプス(神経細胞間の接合部位)間隙中のノルアドレナリンを増加させ、神経系の機能を亢進します。

アトモキセチンは、中枢刺激薬とは異なった機序で、注意欠如多動性障害(ADHD)を改善する薬剤です。

用法

18歳未満の患者

通常、18歳未満の患者には、アトモキセチンとして1日0.5mg/kgより開始し、その後1日0.8mg/kgとし、さらに1日1.2mg/kgまで増量した後、1日1.2〜1.8mg/kgで維持する。
ただし、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこととし、いずれの投与量においても1日2回に分けて経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日量は1.8mg/kg又は120mgのいずれか少ない量を超えないこと。

18歳以上の患者

通常、18歳以上の患者には、アトモキセチンとして1日40mgより開始し、その後1日80mgまで増量した後、1日80〜120mgで維持する。
ただし、1日80mgまでの増量は1週間以上、その後の増量は2週間以上の間隔をあけて行うこととし、いずれの投与量においても1日1回又は1日2回に分けて経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日量は120mgを超えないこと。

注意事項

  • モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と同時の服用及びMAOI服用後2週間以内の服用は出来ません
  • 狭隅角緑内障の疾患がある方は使用できません
  • 6歳未満の小児は使用できません
  • 車の運転や高所などでの危険を伴う作業は避けてください
  • 必ず医師の経過観察の元にご利用ください

副作用

小児及び一般的な副作用は、食欲不振、吐き気、嘔吐、疲労感、胸やけ、めまい、気分のむら等という報告があります。成人を対象として、睡眠障害、口渇、食欲不振、便秘、胸やけ、吐き気、めまい、排尿障害、生理痛、性機能障害という報告があります。

成分

ストラテラ10mg:Atomoxetine(アトモキセチン) 10mg
ストラテラ18mg:Atomoxetine(アトモキセチン) 18mg
ストラテラ25mg:Atomoxetine(アトモキセチン) 25mg
ストラテラ40mg:Atomoxetine(アトモキセチン) 40mg
ストラテラ60mg:Atomoxetine(アトモキセチン) 60mg

一般名

アトモキセチン塩酸塩 (JAN)
Atomoxetine hydrochloride (JAN/USAN)
Tomoxetine hydrochloride

ストラテラの購入ページはこちら

Originally posted 2016-10-01 11:59:07. Republished by Blog Post Promoter

スポンサーリンク