モノベンゾンクリーム

商品説明

モノベンゾンクリームは、シロナマズとも呼ばれる難治性皮膚病のひとつである尋常性白斑症に使用されるペノクインクリームのジェネリック品です。
尋常性白斑患者の皮膚は、病気により脱色した部位と正常部位がまだらに混在するのが一般的です。
白くならずに残った皮膚を脱色して皮膚の色を統一する治療に用いられます。
そのために、一般の人の美白クリームとしても使用されています。
(モノベンゾンクリームは日本では医薬品の扱いに成るため、医師の処方か自分の責任での海外からの個人輸入になります)

美白クリームとしてハイドロキノンがあります、ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトという細胞を減らす働きをしますが、モノベンゾンはメラニン色素を形成するメラノサイト自体を破壊しますので、脱色後の皮膚の色素は元に戻ることはなく、永久的に白さを保つことが可能です。

用法

1日2~3回、適量を気になる箇所へ塗布します。
期待する効果が現れるまで、毎日塗布してください。
通常は脱色が現れるまでに2ヶ月程度かかります。
なお、効果出現後は回数を減らしていきます。
1週間に2回以上の使用は控えてください。

注意事項

メラニン以外の色素も影響している色素沈着についてはこのクリームの効果は期待できません。
淡褐色スポーツ色素性母斑あるいは悪性黒色腫への効果については証明されていません。
また、ハイドロキノロンとは交差感作性が報告されていますので、絶対に併用しないでください。

副作用

重篤な報告はありませんが、稀に肌に灼熱間が生じる、皮膚に炎症が生じることが報告されています。
また、副作用ではなく、本薬品の効能として、永久皮膚脱色をしますので、一度脱色した色素二度と、元に戻らないことを念頭においてください。

成分

ベノクイン(Benoquin Cream (Monobenzone) 20%)

その他

※クリームの色につきまして、度々メーカーで変更が行われている商品となります。
色の違いが出ることがありますが、成分には変更ございませんのでご安心ください。

モノベンゾンクリームの購入ページはこちら

スポンサーリンク