プロベラ

商品説明

女性ホルモン剤のひとつで妊娠維持作用や子宮内膜分泌化作用に効果的です。
また黄体ホルモン不足などにより起こる様々な症状を改善します。

主な使用は月経異常や機能性子宮出血不妊症、流早産の治療などがあります。
本来の使用目的とは違いますが同じ女性ホルモン剤であるプレマリンと併用することで、プレマリンのもつ女性化を促進させる為、バストアップ等にも使用されます。

女性の閉経前後はホルモンバランスが大きくみだれたりし心身の不調を訴える方が多いのですが、これも黄体ホルモンの減少と大きく関係しています。
具体的には、動悸、息切れ、鬱状態、目まい、ほてり、吐き気などがあります。
このような症状は俗に更年期障害と言われますが、黄体ホルモンを補うことで、 症状の改善や回復がみられる為中年女性の更年期障害の治療に使用されます。

また閉経前後に多く起こる骨粗しょう症もこの黄体ホルモンと関係していることが判明したため、閉経前後の女性の骨粗しょう症の治療薬としても現在は使われています。

効果

黄体ホルモンの減少、ホルモンバランスの崩れに伴うの諸症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

用法

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルとして、通常成人1日2.5~15mgを1~3回に分割経口投与する。

注意事項

  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎などの血栓症疾患またはその既往歴のある人、重篤な肝障害・肝疾患のある人、診断未確定の性器出血、尿路出血のある人、稽留流産の人、本製品の成分に対し過敏症の既往歴のある人は使用しないでください
  • 心疾患・じん疾患のある人またはその既往歴のある人、うつ病またはその既往歴のある人、てんかんまたはその既往歴のある人、糖尿病の人、ポルフィリン症の人は、担当医にご相談してください
  • 流早産以外の人が服用する場合は、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断などにより、妊娠していいないことを充分に確認してください
  • プロベラ5mgを妊娠維持の目的で服用する場合は、応対機能不全によると考えられる流早産にとどめてください。また、妊娠状態が継続しているか否か確かめてください
  • 経口製剤での臨床試験成績はありませんが、外国において、メドロキシプロゲステロンを有効成分とする筋注製剤の長期使用で骨密度の減少が認められたとの報告があります
  • 妊娠初期・中期に服用した場合、女子胎児の外性器の男性化または男子胎児の女性化が起こることがあるので、大量または長期服用を避けてください
  • 黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではありませんが、心臓・四肢などの先天異常時を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に応対または黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されています
  • 授乳婦が服用する場合には授乳を中止してください
  • 小児などに対する安全性は確立していません
  • ホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモン)と併用する場合は、医師にご相談ください
  • 飲み忘れに気付いたときにすぐに服用してください。次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対にやめてください。
  • 黄体ホルモンの活性によって症状が悪化する場合が御座います
  • 乳がんや子宮がん、子宮筋腫等の方はご使用いただくことは出来ません。

副作用

発疹、肝機能の異常、黄だん、むくみ、体重増加、食欲不振、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満、下痢、めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ、乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮膣部びらん、帯下の変化、耐機能異常、倦怠感、発熱、悪寒、脱毛、多毛、そう痒感、じんましん

極稀に血栓症、うっ血性心不全、ショック、乳頭水腫

成分

プロベラ(Provera)5mg
Medroxyprogesterone 5mg
メドロキシプロゲステロン 5mg

商品別名

プロベラ錠
ヒスロン錠
プロゲストン錠
ヒスロンH錠

プロベラの購入ページはこちら

スポンサーリンク